卍(まんじ) 谷崎潤一郎(2)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は谷崎潤一郎の「卍 まんじ」その2を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
30回かけて読む予定だったんですが、ちょっと巻きで全6回で読み終えてみようと思います。第6回で最終回になります。
 
 
女生徒・柿内さんは、ちょっと奇妙な絵の才能があるようで、モデルを目の前にしてデッサンの練習をしていても、なんだか別の誰かに似てしまう。自分が好きな顔を描いてしまう。描き手の心理が、絵にあらわれてきてしまう……。
 
 
校長先生は、そんな好きなふうに描くだけでは練習にならないので、ちゃんとモデルを正確に見て、的確にこれを写生してみなさいと言うのですが、柿内さんは、そんなことしたくない。芸術行為はロボットのようにコピーペーストする作業では無い。それで若き未亡人でもある女学生柿内さんと校長先生でケンカになる。本文こうです。
 
 
「……自分勝手の絵エ画くくらいならモデル使う必要あれしません。ましてこの観音さんがモデル以外の或る実在の人間に似てるとしたら、あんたの理想いうもんもはなは不真面目ふまじめに思えますね」いわれるのんで、「わたしちょっとも不真面目とちがいます。仮にこの顔誰ぞに似てても、その人の顔観音さんの感じ出すのに適してましたら、それ写しても芸術的にやましいことない思います」いいますと、「いや、それがいかんのんです。まだあんたは一人前の芸術家ではありません。あんたがその人の顔清らかであると感じられても、万人がそう感じるかどうか、それが問題です。そういうことからとかく誤解が起るのんです」……
 
 
誤解なんて起きるわけがないと女学生柿内さんが言って先生にケンカで勝ったつもりになっていたわけなのですが、変な噂が広まってしまった。柿内さんは光子さんのことが好きすぎて、彼女の肖像画を描いてしまったと思われてしまい「つまりわたしが光子さんに対して同性愛捧ささげてる、光子さんと私とが怪しい」と学校中で思われるようになってしまった。思ったまま、好きなように絵を描いてみただけで、ずいぶんややこしいことになってしまった。
 
 
真相はどうも、これは校長の計略であって、政敵のような存在に変な噂を流すということを、つねづねやっているようなんですが……。
 
 
とうの光子さんというのは「恋愛の天才家といったような気魄きはくちた、魅力のある眼つき」の美しい人なんです。読んでいると、どうも光子さんはもう亡くなっている。本文にはこう書いてます。
 
 
  光子さん…………若うに見えてますけど、ほんまは一つとし下の二十三………生きておられたら今年二十四ですねん。 (※………部分は省略)
 
 
ところが、柿内さんはじつに生き生きと、光子さんとのデートや、お人好しな夫とののんきな話しについて、とうとうと語っている。楽しい記憶というのが消えるわけではない。
 
 
光子さんはレズビアンの噂がたったことによって、イヤなお見合い男の、相手をしなくて良くなった。未亡人柿内園子さんと、光子さんとの性的な描写がすさまじくて、クラクラします。これは……なんだかやばい小説を読みはじめてしまった、という感じがします。漱石の知的な設定に、ドストエフスキーの激情を混ぜ合わせたら、谷崎潤一郎の文学になると思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/manji02.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です