無題 太宰治

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は太宰治の「無題」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
斜陽』や『走れメロス』といった名作を書いてきた太宰治も、ツイッターみたいなことをやったことがあったんですよ。しかも70年以上まえの戦時中に。戦時中にツイッターそっくりなことをしてたってすごい。
 
 
ほんの三〇〇文字くらいの文章を書いていて、しかもオチが知人に対して「バカ」と書いて終わってるだけなんです。まるっきりツイッターみたいです。太宰治ファンなら必読の小品かと思います。
 
 
大井廣介という方に対して、太宰治は愚痴っているんです。ちなみにこの人も、戦争中に坂口安吾らと一緒になって犯人当てゲームの集会を開いたりしている。
 
 
本編と関係無いんですけど、日中戦争のころの1939年にディズニーのアニメ映画が日本の映画館で公開されたりしてるんです。戦争中って謎の事柄がいろいろ起きてるんだなあと思いました。
 
 
あんな名作を書いた人が、こんな駄文を書いたのかと、読んでて楽しくなる掌編でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/dazaimudai.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です