路傍の草 寺田寅彦

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は寺田寅彦の「路傍の草」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この随筆四年前に読んだんですけど、もういちど読んでみました。良い考えが浮かぶのはどういうときか、というのを寺田寅彦が論じています。おもしろい随筆なんです。三上さんじょうという言葉があって、辞書によれば『三上』とは『文章を考えるのに最も都合がよいという三つの場面。馬に乗っているとき、寝床に入っているとき、便所に入っているとき。』(大辞泉より)を意味する言葉なんです。寺田寅彦は、「いい考え」についてこう語っています。
 
 
  三上の三上たるゆえんを考えてみる。まずこの三つの境地はいずれも肉体的には不自由な拘束された余儀ない境地である事に気がつく。この三上にる間はわれわれは他の仕事をしたくてもできない。しかしまた一方から見ると非常に自由な解放されたありがたい境地である。なんとならばこれらの場合にわれわれは外からいろいろの用事を持ちかけられる心配から免れている。肉体が束縛されているかわりに精神が解放されている。
 
 
寺田寅彦は、仕事をしたくても出来ない時にこそ、良い考えが浮かぶんだというんですが、じゃあ逆に『仕事をしたくない心境なのに、仕事人っぽいことが出来ちゃう環境』こそが悪い考えが起きる契機で、iポン片手に行われているヘイト活動の基本的な仕組みはこうなっているのかもしれない……。
 
 
随筆に『外からいろいろの用事を持ちかけられる心配から免れている』ことが、良い考えの源泉になると記されていて、これって新しい時代の評論家も、子育てについて語るときに、近いことを言ってた、と思いました。
 
 
寺田寅彦は、古い言葉をうまいこと意訳して、現代人なら電車にのっていて何もすることが無い時とかに、優れた考えが、きっと浮かぶよと述べています。それから植物の生態と擬似科学に陥る心理について記しています。本文と関係無いんですけど、青春きっぷで四国を旅しているときに、電車の中で読書するのはほんとうに気分が良いんですよ。寺田寅彦はこう書きます。
 

 ……満員電車の内は存外瞑想に適している。机の前や実験室では浮かばないようないいアイディアが電車の内でひょっくり浮き上がる場合をしばしば経験する。



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/robono_kusa_teradatorahiko.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です