卍(まんじ) 谷崎潤一郎(5)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は谷崎潤一郎の「卍 まんじ」その5を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
卍は次回で完結です。光子さんは、恋人の園子さんが、綿貫と結託し始めたことにすぐ気づいた。光子さんは綿貫の子を妊娠をしていなかったらしいんですが、こんどは綿貫に玩具にされたんだと言いはじめるんです。綿貫は子が出来ない男で、それを黙っていろんな女を引っかけているとか、ちょっとこう、妊娠したというハナシとはぜんぜんちがうことを言いはじめている。
 
 
このまえ光子さんは『妊娠したのんかも』と言っていたのに、こんどは妊娠するような恋愛をしていないと、言いはじめた。光子さんはどうも言動があやしいんです。
 
 
この小説は3人の主要登場人物がいるわけで光子・園子・美男子綿貫と、この3人を描いた小説なんですけど、奇妙なことに今いない人の話でものすごく盛りあがるんです。なんとも不思議というか面白い構成ですよ。今登場していない人の話しがどんどん脹らむんです。過去の回想なのか、噂話なのか判らないまま、今回は綿貫の話で持ちきりになる。綿貫は恋人が同時にたくさんいたのに、じつは誰ともセックスをしていない。プラトニック・ラブだという。結婚したとしても、どうも性的な問題があるらしい。両性具有かもしれない、という噂まであった。
 
 
なんだか近松の心中物みたいな心情になりつつ、結婚することを目指している綿貫と光子さん……。これ、地の文章からして、関西弁の口語で、すべてが噂話と噂話で構成されている。なんともみごとな展開だなとか思いました。もはや完全にネタバレになってしまうので、読み終えてない方は読まないほうが良いかと思うんですが、同性愛もじつははじめの頃はまるでウソで、光子さんはいざこざから離れるために、園子を利用しただけだった可能性が高い。作中こう記されています。
 
 
  私との間に同性愛やいう噂立ったのんは実は誰の仕業しわざでもない、光子さん自身がそないいい触らしなさって、匿名とくめいのハガキ投書しなさったのんですねんて。
 
 
  ほんまのこと知れんように、わざと同性愛の噂立てた。まあいうてみたら、私ちゅうもん利用して世間の眼エくらましなさった。
 
 
  私の方があんまり真剣で熱烈でしたさかい、だんだん利用する心持からほんまの愛情に変って行きなさった。
 
 
おそろしいことに、ばくち打ちが逮捕されていった事件さえも、じつはまるっきりの狂言で、警察もやって来なかった、刑事なんか周りに居なかった、そんな事実はなかったのだという。事実だったはずの口伝されたものごとが、じつはただのウソだったという……この展開は凄いです。あの推理小説の四大奇書みたいな、めくるめく展開になってるんですよ。すごい小説だと思いました。愛憎の果てに生じた、だましあいに次ぐだましあいが展開するんです。
 
 
それで、真相はどうもこうだった。本文こうです。
 
 
  自分の一生は綿貫のお蔭で滅茶々々にしられた。もう行末に何の望みも光明もない、生涯うもで暮らすばっかりやいいなさって、自分は死んでもあんな男と結婚せエへん、どうぞ助ける思てあの男と手エ切れるようにしてくれへんか、何ぞええ工夫あったらせて頂戴いいなさる……
 
 
綿貫はひたすらに暗躍をしていて、ついに園子さんの夫にまで不気味な契約書を見せて、状況が混乱しつづけている。ただ、綿貫は子に恵まれないながらも光子さんと結婚をしたいだけのようにも思える。それとももっとより悪質な何かがあるのかは、まだ不明なんです。事件の気配がいよいよ色濃くなってきた。次回で完結です。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/manji05.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です