ハイネ詩集(22)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その22を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「光りかゞやく星ひとつ/たかい空から落ちてくる」という言葉が印象的なハイネの詩なんですけど、今回のは小学生が書いたんじゃないかというくらい純心でストレートな詩ですよ。現代から遠い作品には、こういう魅力があるんだなと思いました。
 
 
ただハイネはいつもこう、豊かな時間の終わりを描くのが特徴的で、夜が明けることにさえ独特なかなしさを漂わせるんです。
 
 
「そこには青い花が咲く」という詩はダンテの神曲『地獄篇』にも描かれていた、植物と人の物語で、印象深かったです。
 
 
作中に記されている「歌反故うたほご」とはいったい何なのか、むつかしい言葉なのでいつものようにネットの辞書で調べてみたんですけど、これがどの辞書にも載っていない。よくよく調べてみると、どうも反故という意味と関連しているみたいです。
 
 
ほ‐ご【反故・反古】
(1)書画などを書き損じた不用の紙。ほぐ。ほうご。
(2)転じて、役に立たない物事。
(広辞苑より)
 
 
描き損じて役に立たない詩、という意味でハイネは「歌反故」と書いたようです(というか生田春月がそう翻訳しちゃったようです)。そのあとすぐに「ハイデルベルヒの樽のやうに」って書いている。あーっ、このハイネ詩集を、もしかしたら太宰治も読んだのかもしんないなと思いました。太宰治は「ハイデルベルヒ」というイメージを、ことさら美しく小説に書いているんです。で、ちょっと調べてみると、やっぱり太宰治はハイネ詩集を読んだ痕跡があるんです。こちらに太宰治がハイネのことを書いています。太宰治は、今回の詩を読んでいたんだなあと、もうそれは明らかだろうと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine22.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です