ハイネ詩集(23)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その23を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回ハイネの詩の中で、というか19世紀の詩の中で、もっとも有名だと言われているロオレライを読んでみました。「こんなに心が悲しいのは」ではじまって「おまへがしたのだ、ロオレライ」で終わる詩です。ずいぶん繊細な詩です。正しくは祈りの詩なんだろうと思うんですが、天国の幻視を見ているような、触れられない美について描いているような気がしました。
 
 
ローレライについてちょっとだけ調べてみたんですけど、wikipediaにおもしろい情報がいっぱい載っていました。ドイツのライン川ぞいにある峻険な山に、セイレーンの伝説があるそうです。
 
 
賢治も『銀河鉄道の夜』で、川と水難のことを描いている。それはおもにイギリス海岸や北上川をイメージしてのことのはずですが、ローレライの詩のことも、纔かに脳裏にあったのかもしんないです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine23.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です