ハイネ詩集(27)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その27を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
まったく知らないことだったんですけど、ドイツでは「門」という文字は「愚者」という意味があるらしいんです。調べてみると、たしかにドイツ語の辞書には、《Tor》というのは《門》あるいは《愚者》という意味があるんです。
 
 
えっ、じゃあカフカの《門》っていう小説はつまり《愚者》っていう意味を含んでいたのか……と思いました。
 
 
日本語には「ネコがネコむ」とか同音異義語がいっぱいあるんですけど、同綴異義語はほとんどない。でも調べてみると「一分」とか「十分」とか「五分」はだいぶ意味の違う2つの意味がある。「五分」だと「ほんの5分間」と「実力が拮抗している」という意味でかなりちがう。
 
 
それでもなんとなくこう、日本語の同綴異義語は、イメージとして「それわかる」という共存関係に思えますよ。「心中しんちゅう」と「心中しんじゅう」も、事情があってのれん分けしたんだなという感じがする。
 
 
「門」と「愚者」がTorという同じ文字で一体化しているのはなんとも不可思議な言語世界だと思いました。いま自分が読んでいるのは、やっぱりハイネが原作の生田春月の詩世界なんだろうな、とか思いました。
 
 
ハイネはこう記します。
 
 
 だが門のやつはわたしの恋人を
 こつそり逃がしてしまつたのだ
 門はいつでも承知する
 女のたのむことならば
 
 
ほかにも《夜は静かに街路まちには人の影もない》という詩がとてもすてきでした。ほんと良いんです、こんかいの詩篇。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine27.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ★おすすめ書籍





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です