ハイネ詩集(29)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その29を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「大きな眼をした小さな人よ」という詩の言葉が印象的な、今回のハイネの作品なんですけど、ハイネはごく自然にファンタジーを詩に取り込むんです。ハイネは『バジリスクや吸血蝙蝠ヴアンパイヤアや竜やその他の怪物』のことを詩人が描いてきたと指摘していますし、この詩集にも可愛らしい天使や、墓地の隅にあらわれる僧服の幽霊や、青い流星が描かれるんです。恋愛詩とファンタジーを融合させたら、ハイネ詩集になる、と思いました。こんなのです。
 
 
 あゝ!なぜかおまへの前に出ると
 いつでもわたしはだまり込んでしまふ

 それは意地の悪い天使があつて
 わたしの口をおさへてしまふからだ
 
 
ほかにも、瞳の美しさを描きだした詩がすてきでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine29.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です