冬の情緒 萩原朔太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は冬の情緒の「萩原朔太郎」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
近代文学には、自然界との通路が出来上がっていて、そこから自然の一部を観察できるような気がしました。萩原朔太郎はこう記します。
 
 
  …………それ故に詩人たちは、昔に於ても今に於ても、西洋でも東洋でも、常に同じ一つの主題を有する。同じ一つの「冬」の詩しか作つて居ない。彼等の思想と題材とは、もちろん一人一人に変つて居るが、その詩的情緒の本質に属するものは、普遍の人間性に遺伝されてる、一貫不易のリリツクである。即ちあの蕭条たる自然の中で、たよりなき生の孤独にふるへながら、赤々と燃える焚火の前に、幼時の追懐をまどろみながら、母の懐中ふところを恋するところの情緒である。

 
萩原は、冬を描いた文学者たちの中でとりわけ与謝蕪村の俳味あふれる諸作を推しているんです。くわしくは本文をどうぞ。
 
  
難読の文字を調べてみました。
 
 
蕭条しょうじょう
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/fuyuno_jocho.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ★おすすめ書籍





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です