痴人の愛(23〜24) 谷崎潤一郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は谷崎潤一郎の「痴人の愛」その(23〜24)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
失恋した男2人で街を徘徊しつつ、どうして失敗したのか語りあっている。しまいには、どれだけ盛大に、ナオミに裏切られたのかを確認しあって、自身たちの間抜けさを笑いはじめたりする。浜田くんはこういうことを言ったりする。
 
 
  どうかしてナオミさんを救い出そうと思ったんですが、意見をするとつんと怒って、あべこべに僕を馬鹿にするんで、手の附けようがなかったんです
 
 
滑稽なのか哀れなのか、しまいにはこんなことまで言いはじめます。
 
 
「だがいいですよ、まあ一遍はああう女に欺されて見るのも」
と、私は感慨無量の体でそう云いました。
「そりゃそうですとも! 僕はとにかくあの人のお蔭で初恋の味を知ったんですもの。たといわずかの間でも美しい夢を見せてもらった、それを思えば感謝しなけりゃなりませんよ」
 
 
譲治は仕事も辞めてしまい、たった一人で家にこもって悶々としているんです。そこに不倫常習者のナオミが、のんきなようすで、自分の服と荷物を取りにふらっと帰ってきた……。あと2回で完結です。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/chijinno_ai12.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 


 
 
     ヨコ書きはコチラ




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ★おすすめ書籍





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です