痴人の愛(25〜26) 谷崎潤一郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は谷崎潤一郎の「痴人の愛」その(25〜26)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
まるで西洋映画の女優のような姿に生まれかわってしまったナオミに、譲治はおどろいている。ナオミの美しさを描写するその筆致が鮮やかなんです。
 
 
予想外に美しくなって、自由に不倫をつづける妻に、いわく言いがたく魅了されてゆく譲治の煩悶のさまを読んでいたら、こう、現実の恋愛体験じゃないのに、読んでいるだけでドキドキするんですよ。悪女ぶりというか奔放なナオミがすごいんです。……近代文学にこんな生々しい小説があったのか……と衝撃を受けました。別れたはずの妻が毎晩家にやってきて誘惑をする。夫婦生活を営んでいた頃は風呂でも一緒だったのに、今は指一本触れることができない。そこでナオミは甘い吐息を吹きかけるだけで、夫を誘惑するんです。夫はそれに悶絶する。ほんの一文でも迫力があります。本文こうです。
 
 
  彼女の息は湿り気を帯びて生温かく、人間の肺から出たとは思えない、甘い花のようなかおりがします。
 
 
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/chijinno_ai13.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 


 
 
     ヨコ書きはコチラ




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.