こども風土記 柳田國男(6)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その6を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
柳田の考察を読んでいると、子供の世界には、意味を無視するランダム要素が色濃くあって、そこで言葉が変異してゆくところが描写されている。現代の発展途上中ネット社会と、昔の子ども世界はなんだか似ている気がしました。
 
 
童謡の作者は子どもたちである。1人で言葉を使うとあるていど理路整然としているんだけれども、3人だとか10人だとか100人になると、まったく想定外の運動をするようになる、その気配が、子どもたちの改作をしつづけてゆく童謡の世界にあるなあ、と思いました。
 
 
柳田國男は、変転し続ける子どもの感覚を、学者の言葉で解析してゆく。霊体と学者の二者を垣間見ているような印象がありました。
 
 
「地蔵遊び」という、かごめかごめに似た遊びに関して、柳田國男はこう記します。
 

……これは輪の子どもが口をそろえて「中の中の」の代りに、

御乗おのりやァれ地蔵様

という言葉を唱える。乗るとはそのへ地蔵様に乗り移って下さいということであった。そうするうちにまん中の児は、しだいしだいに地蔵様になってくる。すなわち自分ではなくなって、色々のことを言い出すのである。そうなると他の子どもは口々に、

物教ものおしえにござったか地蔵さま 遊びにござったか地蔵さま

と唱え、皆で面白く歌ったり踊ったりするのだが、もとは紛失物などの見つからぬのを、こうして中の中の地蔵様に尋ねたこともあったという。
 
 
どうも大人の遊びを、子どもが継承して童謡遊びとして定着したらしいです。じゃあ現代の大人の活動がどういうように子どもに反射されるんだろうか、と思いました。詳しくは本文をご覧ください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki06.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください