こども風土記 柳田國男(7)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その7を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
子どもと大人が、同じ遊びを、ちがう心もちでやっている例というのがある、と柳田國男が指摘しているんです。一読すると、宴会遊びについてだけ書いているような、今回の章なんですけど、よく読んでみると、国立歴史民俗博物館民俗語彙データベースに記されている、民間信仰の言葉が記されている。これを辿って調べてゆくと、遊びの原形になった、民間信仰における占いとの、共通項が見えてくる。
 
 
「カギボトケ」と「オシラサマ」というのと「ベロベロ」という言葉の意味を、国立歴史民俗博物館のデータベースでフリーワード入力して調べつつ、今回の「こども風土記」を読みました。
 
 
内容よりも、柳田國男の文章に魅了されました。こういう記述があります。 
 

成人と子どもと、同じ遊びをちがった心持こころもちで、持ちつづけていた例はほかにもある。……………

無心な者のすることには、うっかり看過みすごすことのできないものがいろいろある。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki07.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.