こども風土記 柳田國男(17)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その17を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「ほんやらどう」という言葉は、てっきり語感が良いから使われている、オノマトペとしての言語だと思っていたんですけど、調べてみると伝統行事の名で、雪洞かまくらっていう意味もあるそうなんです。
 
 
このwikipediaに掲載されている写真が、ホンヤラ洞の正体なんだそうです。うーむ。よけい意味が判らなくなりそうな、幻想的な写真なんですけど。

 
「ホンヤラドウ」とか「ワアホイ小屋」とかいう、ふしぎな言葉の語源も、どうやら子どもが関わっている可能性が高いと。くわしくは本文を読んでみてください。こどもが作った歌が、じつに不思議ですよ。本文こうです。
 

朝鳥ほほほ 夕鳥ほほほ
長者どのゝ垣内かくちは
鳥もないかくちだ
やいほいばたばた
  
 
「やいほいばたばた」ですよ。大人には作れない言葉が、あるんだなあーと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki17.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.