城 フランツ・カフカ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日はフランツ・カフカの大長編「城」原田義人訳を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
これはカフカの一番長いやつです。七百枚くらいある大長編なんですが、凄いというかなんというか未完のまま第20章で終わります。読んでも読んでも結末にたどり着きません。Kというのが主人公なんですが、測量技師として雇われたはずのKは、そのような仕事がどこにも無いという事実を伝えられます。とにかくKは城に入って城主と話をしようとするんですが、なぜか城の中に入れない。城に辿り着けない、というのがとても奇妙なんです。序盤はけっこう目標がある展開で引き込まれるのですが、中盤以降物語の筋を追うのが苦痛になってくる恐ろしい作品です。頂上の無いエベレストといった印象です。迷宮の最高峰か何かだと思います。


これはなにか、一人旅を延々続けているような気分になるのはぼくだけでしょうか。カフカの「城」は決められた筋を追わざるをえない映画では味わえない、現実世界に近しい「困ったなあ」という実感がぞんぶんに封じこめられているように思います。


ぼくはむかし学校に通う電車の中でこれをよく読んでいました。「やりたい仕事ができないんじゃないか」とか「やれる仕事がないんじゃないか」というような不安があって、将来の自分の仕事が何がなんだか予測できないという時に読んだので面白かったです。途中から読み方を変えて飛ばし読みしてでたらめに楽しんでしまったんですが、律儀に読み込もうとしたらそれこそ遭難が必須になってくる難読書だと思います。序盤はしかし、かなり魅惑的な展開になっていて読み応えがあります。巨大に完成されたシステムの中で、一人の男が苦悩する、という物語です。
 



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/shiro1.html
(約700頁 / ロード時間約60秒)
ケータイ・スマートフォンでも読めるモバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.