こども風土記 柳田國男(28)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その28を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
柳田國男が、子どもたちの年齢差を明確にしている、そういう習俗について書いているんですけど、これは現代にも存在する問題だ、と思いました。今でも753とか、義務教育は15歳までとか、部活動で一学年上の先輩はエライとか、18歳だともうOBだとか、年齢できれいに区切ることが子どもの世界にあると思うんです。
 
 
柳田國男の随筆を読むと、近代と現代で、地続きになっているところを発見できたりして、そこが面白いんだと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki28.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください