京都日記 芥川龍之介

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は芥川龍之介の「京都日記」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
この作品は、祇園の色町と建仁寺とのはざまの、何ともいえない妙な「間」のことを日記に書いています。テレビや雑誌で見る「絵に描いたような」旅の特集と、実際の旅のちがいは、この何とも言えない妙に間延びした間にあるような気がします。実際の行動には、退屈な時間が長々とあるので、かえって今まで見たことの無かったポイントがちゃんと見えてくると言うか、なんというか。芥川龍之介がこの「間が悪い」という状況の魅力を短い文章で掘り下げています。
 
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kyoto_nikki.html
(約17頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.