京都の朝市 柳宗悦

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は柳宗悦の「京都の朝市」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
これは、かつて住んでいた京都の伝統工芸や骨董品について書いている随筆です。 

 
どのくらいの期間、ある土地にいるとその風土や文化が理解できるようになるのか、というのはいつも気になります。3日居ればわかるのか、それとも4日なのか、3年なのか、30年なのか。さいきん、盆地から山へ向かってずーっと歩いてみたことがあるんですが、そのときにはじめて、自然界と町並みがどういう関係性を持っているのかというのが体感できたような気がしたことがあるんです。ふつう、海や川があるところが栄える。それで災害や混乱を防ぐために川辺の町並みは綺麗に整えられてゆく。道が大きくて車がたくさん走っていて、日本中のどこにでもある量販店が並んでいたりする。それが少し山に近づくと、道も細くなっていてその土地独特の伝統工芸が作られている少し古い町並みが続く。もう少し山に近づくと田んぼが多くなってきて農耕の暮らしがある。さらに山に進んでいくと狩猟民族の住処のような町並みになってゆく。窯元があったりする。もっと進むと森しかなくなってゆく。川のありさまも、山のほうへゆくほど人が整備していないのに完全に整った状態に近づく。かなり長い時間をかけて整えられた町並みの中を、海辺の川から山へと進んでゆくのを見ていくと、まるで時代をきれいに遡ってゆくように町が変化していて面白いんです。
 
 
いったんその地を離れると、風土や時代がかえってよく見えてくるということがあるように思います。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kyotono_asaichi.html
(約14頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください