夏目先生の俳句と漢詩 寺田寅彦

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は寺田寅彦の「夏目先生の俳句と漢詩」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、文学者の夏目漱石が、まだ小説を書く前に何をしていたのか、ということを書いたごく短い随筆です。
なにかを新しくはじめる、その一歩手前の状態がどういうものだったのか、という話です。あと数年で母になる人とか、この先長い海外暮らしをすることになる人であるとか。来年沖縄に移住する人とか。まだ、目的の状態になっていないのだけれど、それへ向けて変化しつつある人は、その時なにを考えているのか、というのに興味があります。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/natsumesenseino_haiku.html
(約2頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください