二十世紀の頂における図書館の意味 中井正一

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は中井正一の「二十世紀の頂における図書館の意味」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。これは戦後5年目に書かれた随筆です。
 
 
中井正一という方は、戦中に左翼活動をしていて牢獄に閉じ込められ、戦後に図書館の普及に努めた人物です。中井正一の、この一文が印象に残ります。

「苦痛をのり越えてきたものの切実な祈り」
 
 
図書館の所在地は、グーグルマップで【○○市 公共図書館】と入力すれば検索できます
 




こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/nijisseikino_itadaki.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です