風呂を買うまで 岡本綺堂

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は岡本綺堂の「風呂を買うまで」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
関東大震災後に人々がどういうことを記していったのか、ということを幾つか紹介してゆきたいと思っています。
 
 
岡本綺堂は震災後に、無料で銭湯が解放されていたことを鮮明に覚えていて、風呂に入れることの幸福について書き記しています。家屋が無くなり風呂にもなかなか入れないという厳しい時期に、岡本綺堂は自身の趣味や道楽についてを大切にしていて、心穏やかに過ごそうとしていたというのが記されています。
 
  


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/furoo_kaumade.html
(約7頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.