幻の園 豊島与志雄

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は豊島与志雄の『幻の園』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
豊島与志雄はユーゴーのレミゼラブルの翻訳をした人として有名です。これはごく短い随筆なんですが、内容が好きだからかもしれないのですが、すごく読みやすいというか、文章に人の気配を感じるというか、言葉遣いが美しいように感じます。文字を読んでいるだけで作者の祖母の印象が、鮮やかに浮かんでくると言うか、自分にもこれに似た記憶はあったのだということに気付くわけで、忘れていた記憶を呼び覚ますようなエッセーだと思います。良い記憶というものが祖母に映し込まれ、悪い存在というものが「お化け」という言葉に集約されていて、それから広くて美しい庭の描写がある。少年は空想の中で「同胞」のことを思い描く。生まれてじきに亡くなってしまった兄という存在があって、それがきっかけになって少年の空想の中にまだ見ぬ親友の姿が思い浮かんでいる。なにか良い可能性について考えていて、それが美しい空想に結実しているというか。これ、一つ一つの空想が、1本の映画になるような奥行きがあるように感じます。たぬき遊びとか、ぼくたちは姉弟かもしれない、とか。子どもの頃の友人との記憶が神秘的であると思うのですが。そのような子どもらしい空想が崩れる瞬間の描写も印象的です。
 
 
 
 



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/maboroshino_sono.html
(約21頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です