青猫(5) 萩原朔太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は萩原朔太郎の「青猫」その5を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
今日、ぼくは深夜これを読んでいて、ああっ、と思いました。昔の文学者は、けっこう自分が動物になった世界を書いています。夏目 漱石は猫に、高村 光太郎は牛に、萩原朔太郎は鳥になってものを書いてる。自然界の中から文明や人々を見ている。山道を歩いている時に感じていた、言葉にならない感覚を、萩原朔太郎は想起させるように思います。確かな記憶を呼び覚ます詩です。
 
 
 思想は一つの意匠であるか

鬱蒼としげつた森林の樹木のかげで

ひとつの思想を歩ませながら

佛は蒼明の自然を感じた

どんな瞑想をもいきいきとさせ

どんな涅槃にも溶け入るやうな

そんな美しい月夜をみた。

「思想は一つの意匠であるか」

佛は月影を踏み行きながら

かれのやさしい心にたづねた。


 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/aoneko5.html
(約6頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です