ランボオ詩集8

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は中原中也が翻訳した『ランボオ詩集』のその8を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これを読むと、ランボオが将来、文学と故郷から遠く離れてアフリカへ行くというのが、よく判るように思います。じつは、小説家や詩人というのはそれを止めるということはとても少ない、らしいのです。いったん活動を休止したり、分野を変え、なんらかの創作活動を続けるというのが主であるようです。スポーツの場合はかなり若い頃に体力の限界が訪れて必ず引退し指導者側に移行するわけなのですが、文芸の場合は、ほとんど引退が無い。生涯現役という場合が多いようです。外から見ると、ちょっとキリスト教とかの宗教者のようなそういう「文学教」とでも言うような永続性を感じるのであります。
 
 
ところでランボオが詩を辞めるのはかなり早くて、1875年の21歳ごろのことです。ランボオはもともと軍人の家に生まれ育ち、武器商人として失敗するという経験もあるのです。ランボオはコーヒー豆の商人となったり皮革や象牙の貿易商をしており、エチオピアで商人としての仕事をするようになるのです。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/rimbaud8.html
(約15頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら

ランボオ詩集1

ランボオ詩集2

ランボオ詩集3

ランボオ詩集4

ランボオ詩集5

ランボオ詩集6

ランボオ詩集7

ランボオ詩集8

ランボオ詩集9

ランボオ詩集10






top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください