晶子詩篇全集1 與謝野晶子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は與謝野晶子の「晶子詩篇全集」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回から10回くらいに分けて、「晶子詩篇全集」を一つ一つ掲載してゆこうと思います。僕は今回、この詩篇全集をはじめて読むのですが、素晴らしい詩集ですねこれは。家の天井裏に鼠が住んでいると。それがどうも福の神のように思われていると。日本のむかしばなしみたいですね。「感情的になるな」と言われがちな現代社会において、こういう素のままの気持ちに触れられる詩集は良いもんだ、と思うんですが、いかがでしょうか。
 
 
秋、露霜(つゆしも)にうたれてコスモスや雑草が哀れであると。自然な気持ちでコスモスに心を重ねている。気持ちが開いている、というのが感じられる詩集です。ぼくは文学を専門的に学ぶ機会が無かったので、今こうして生まれてはじめて晶子詩篇全集を読めるので、これは嬉しいなあと思うんですが。おそらくかつて読んだことがあってひさしぶりに読んでみても、やはり良いものは良いのではないかと思います。言葉づかいが美しい音楽のようにはずんでいるように思えます。与謝野晶子はこう記します。
 
 

    唯だ一事の知りたさに
    彼れを読み、其れを読み、
    われ知らず夜を更かし、
    取り散らす数数の書の
    座を繞(めぐ)る古き巻巻(まきまき)。
 
  
音として捉えても、すでに美しい詩篇です。
これは現代人でも「判る!」と思うんじゃ無いでしょうか。知りたいことがあってそれを知ろうとしていろいろしているんだけれども、それを探している時にすでに心おどっていると。すてきな詩篇です。





こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/akiko_shihen_zenshu01.html
(約8頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
晶子詩篇全集 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32    


与謝野晶子歌集はこちら





top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です