晶子詩篇全集(12) 与謝野晶子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は「晶子詩篇全集」その12を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩は、これはどうも現代日本政府と異質に共鳴する詩のように感じられて、読むのが難しかったです。与謝野晶子が「戦争」という詩を発表したのは、大正3年の1914年8月のことで、日本や国際社会がどのように進展するか判らない状況で、かなり突っ込んだ内容を記しているようです。与謝野晶子は明らかに反戦の詩であると考えられる詩をいくつも記しているのですが、今回の詩では、戦わねばならないと明記しています。非人間的なるものへの戦いとして、読み説きたいと思いました。
 
 
与謝野晶子はこう記します。
 
 
「真実」は何処に在る。
最も近くに在る。
いつも自分と一所に、
この目の観る下、
この心の愛する前

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/akiko_shihen_zenshu12.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
晶子詩篇全集 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32    


与謝野晶子歌集はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.