審判 フランツ・カフカ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はフランツ・カフカの「審判」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
何もしていないのに逮捕されたKが主人公で、最終的にはかなり厳しい事態が描かれてゆく、不条理小説の金字塔とも言われる小説です。カフカを愛読する方にはすごい大御所がたくさんいるんですよ。新進の文学者や、歴史的作家や、あるいはSF作家や、海外でいちばん売れている日本人作家が、カフカをとくに推薦しているんです。文学と言えばまずカフカだという感じだと思います。
 
 
主人公Kは逮捕された理由がまったくわからない。Kは逮捕しに来た役人にこう問います。「ところで、いったいどうしてなんです?」役人たちは、なぜKを逮捕したのかいっこうに答えない。逮捕から裁判そして結末へ向けて、しかし一辺倒に話が進行せず、つねに二重の可能性を秘めて物語が進行します。ここがカフカのすごいところのように思います。罪があるのか無いのか、正統な裁判組織なのかでたらめなのか、判らないんです。1か0かという世界の、対極の物語です。両義的と言いますか、猶予があると言うんでしょうか、ぼくは表現力が無いのでどうも上手く説明できないんですが、まったくありえないようで、じつにありえそうな話なんですよ。
 
 
じっさい現代の日本でも、無害なデモをしている方が警察からまったく不当に逮捕されるという事件がつい先日起きたばかりです。現代の日本でさえこのようなことが起きる。カフカの世界観の普遍性というのを感じます。カフカは不安な現実を描いているのですが、その文章やまなざしが落ち着いていて、幻想的でさえあるんですよ。
 
 
現代の日本では、民主的な法律の最大の要点は「疑わしきは罰せず」ということなんだ、と聞いたことがあります。「Aは悪いことをしているかもしれない、疑わしい」という相手に「罰を与えない」というのが、裁判のもっとも基本なのだそうです。「あいつはいつか悪いことをする」という相手をけっして罰しない、というのが刑法の最大の原則なんだそうです。そうして犯罪を現在進行形でくり返している人々を放置しない。まったくその通りだと思います。
 
 
ところでカフカは、考えられないようなムチャクチャな事態を、ちゃんと考えられるようにするために、不条理を丁寧に解体し、それを物語にしていった作家だと思います。今、読むべきは、カフカではないか? と思って読んでゆきました。1章からはじまり、10章で終わる物語です。完全な終章と、それにつづく断章の配置に、編集のすばらしさを感じました。ある知識人が述べていたのですが、数世紀前の海外文学者の多くは、聖書の物語をその基礎として文学を紡いでいると記していたのですが、10章で記されている過酷な事態は、聖書と個々人性の対比のうちに描かれていると思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/shinpan.html
(約500頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら





top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.