晶子詩篇全集(20) 与謝野晶子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
 
今日は「晶子詩篇全集」その20を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩は、まるで仙人が書いたような詩です。あと永井荷風という名前がとつぜん詩の中に登場して面白いなと思いました。今回の詩の中には、批評家のような文章もあり、また現代純文学のような詩もあります。


夜に釣りをしていて、釣り針もつけていないので何も釣れない。水面に月が映っている。「月を釣る」という詩のタイトルが幻想的です。月夜に釣りをして遊ぶなんて風流ですよねえ。やったことないですけど。
 
 
今から三千年ほども昔、中国は周の時代、呂尚(りょしょう)という男が釣り針も付けずに黄河のほとりで釣りをしていたところ文王がこれを見出し「これぞ祖父の望んでいた男」と言って、召し抱えたそうです。それでこの釣り人が太公望(たいこうぼう)と呼ばれるようになった。太公望と文王と武王によって、千年続く周王朝が誕生しました。くわしくは司馬遷の「史記」こちらの文章を読んでみてください。釣りをしているところ文王に見出された男、太公望。「太公」というのは父または祖父のことを意味します。それで、釣れもしない釣りをするような、結果の出ないヘタな人のことをからかいの意味を込めて「太公望」と呼ぶことがあったそうです。どーんとかまえて、とりあえず釣りをしているという男。
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
 
http://akarinohon.com/center/akiko_shihen_zenshu20.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
晶子詩篇全集 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32    


与謝野晶子歌集はこちら





top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です