晶子詩篇全集(26) 与謝野晶子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
 
今日は「晶子詩篇全集」その26を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
与謝野晶子は自然のことをたくさん描いているのであります。風景の中に、読者や筆者が急に挿入されていて壮大な詩なんですよ。
 
 
また、今回の詩篇には「大震後第一春の歌」という、震災の詩が残されています。これは1923年(大正12年)9月1日に起きた関東大震災のことを描いた詩です。ぜひ読んでみてください。
 
 
あのー、ヨシフ・ブロツキイという歴史的な詩人の方がですね、大組織というのは「きのうのこと」を哲学的に倫理的に語ってしまうことがあるんだ、と言うんです。それは良くないことなんだと言うんですよ。それに対してヨシフ・ブロツキイという詩人は、おおよそこのように述べているんです。「詩や文学や物語というものは、つねに今日を語るものであり、『明日』にもなる」
 
 
とおい懐かしい思い出のなかには、普遍性があってそれは明日にも再びくり返されるかもしれない。しかし、大組織が語るきのうの哲学には、明日のことがまるで書いていない。くわしくはこちらを読んでみてください。
 
 
与謝野晶子のこの詩篇を読んでいると、まさに、今日や明日のことを言葉にして居るんだと思いました。

 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
 
http://akarinohon.com/center/akiko_shihen_zenshu26.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
晶子詩篇全集 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32    


与謝野晶子歌集はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください