晶子詩篇全集(31) 与謝野晶子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
 
今日は「晶子詩篇全集」その31を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この晶子詩篇全集はあと6回で完結です。今回の詩は、金子みすゞが自然界を詠んだような、優しいまなざしが印象的です。秋を記した詩が多いのですが、冬支度する人々の気配があったり、月や夕日が照らす風景や光をとらえていたりして、描写に奥行きのある詩篇です。貧しさを、子どもの山菜採りが癒すという描写があって素敵です。
 
 
御覧よ、
その畑に並んだ、
小鳥の脚よりも繊弱な
蕎麦の茎にも、
夕焼の空のやうな
美くしい臙脂紫……
これが秋です。
優しい、優しい秋。
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
 
http://akarinohon.com/center/akiko_shihen_zenshu31.html
(約20頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
晶子詩篇全集 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32    


与謝野晶子歌集はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください