みだれ髪(2) 与謝野晶子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は与謝野晶子の「みだれ髪」その(2)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
与謝野晶子は「みだれ髪」で生活や恋愛や自然を描いてゆきました。言葉の使い方がとても独特なんですよ。言葉の新しい使い方を発明しているんじゃないかとさえ思えます。「春」や「神」という言葉を、辞書だけでは導き出せないような段階まで発展させているんだという気がします。与謝野晶子はこれにどんな意味をこめたんだろうなあと想像しながら読んでいました。ふしぎな言葉の使い方です。

 
ゆあみして泉を出でしわがはだにふるるはつらき人の世のきぬ

というのが気になりました。お風呂あがりに、そのやわはだをつたう雫を拭き、新しい服にそでを通したときのその肌触りとともに「つらき人の世」のことをふと思う。与謝野晶子がどういう気持ちで書いたのかなあと想像すると、なんだか歌をもっとなにか二重に読んでゆけるのではないかと感じました。美人だとか世間から好かれている人であっても、やはりつらい時期が存在する。それから自然界に恋愛の心情を重ね合わせた、この歌が印象に残りました。

恋ならぬねざめたたずむ野のひろさ名なし小川のうつくしき夏
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/midaregami02.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です