聖書 生田春月

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月の「聖書」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
明かりの本では、名作と呼ばれる文学や詩や古典を中心にして紹介してきたのですが、今回はあまり知られていない作家生田春月の短いエッセーを紹介したいと思います。インターネット上に情報はほとんど無いんです。海外の物語に詳しかった芥川龍之介に憧れて、またドイツ語を学んでから哲学者ニーチェの本に感化されて、ゲーテやハイネの詩を翻訳した作家です。生田春月は挫折したまま復帰できなかった詩人のようで、ぼくはどうもこのゲーテの翻訳をしたり、恋人たちとの三角関係に悩んだり、芥川龍之介の苦悩を自分でも考え続けようとしたという、あのー、高尚なことを考えたがった生田春月という人をもっと知りたいなあと思うようになりました。現代では全く読まれていないのかも知れないのですが、ぼくはどうもこの短いエッセーで、生田春月のファンになってしまいました。
 
 
生田春月は幼い頃に、父のやっていた事業の関係で朝鮮にわたって貧困に苦しみ、それから上京してドイツ語を学んだそうです。ぼくは長く語り継がれる古い人が好きで、そういう古典を読んでゆきたいのですが、そうではない生田春月という人の作品と生涯を知りたいなあと思っているところです。「優しい人」という評価を受けていて、しかも真面目で丁寧で賢い人だったはずなのにどうして生田春月が絶望して詩人を辞めてしまったのだろうかと思います。インターネット上ではほとんど全く語られていない詩人なのですが、調べてみると本郷出版社というところから1981年に生田春月全集というのが出版されていて、しかもこれが全部で13巻もあるそうです。ぼくはまだ、この短編とゲーテ詩集の翻訳しか知りません。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/seisho.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です