ゲーテ詩集(9) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(9)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ゲーテの詩は、タイトルと内容のあいだに不思議なへだたりがあって、これが独特な魅力になっているんだなと思いました。「人間嫌い」というタイトルでありながら、気難しい男の異性への心情を描き出していたりします。当初の印象を上手いこと裏切られるのが良いなあと思います。ゲーテは異性を美しく謳うのが非常に上手いです。「ほんとの楽しみ」という詩が好きになりました。 
 
 
彼女のうちには何といふ智慧が宿つてをつて
たえず新しい魅力を与へることぞ!
彼女は完全だ、彼女の欠点は
ただそのわたしを愛してゐることばかり
 
  

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie09.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ★おすすめ書籍





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です