ゲーテ詩集(14) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(14)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「遠く離れてゐる人に」という詩を読んで、ゲーテはかなり正直に、嘘偽り無く思いを詩に昇華しているんだろうなと思いました。ぼくが少し思ったことをそのまま書いたら、寒々しくてまったく読めたものにならないと思うんですが、生前から成功者でありつづけたゲーテは、かなり正直に物事を書いている気がします。読んでいるだけでもなんだか良い影響がある気がします。はい。
 
 
それから、「憂愁」という詩に興味が湧きました。どういう事情でこれを書いたのか、どういう気持ちでこれを書いたのか、知りたいなあと思うんですが、手元にゲーテ詩集の解説書もないので、ただ空想していました。
 
 
いとしの薔薇よ、おまへは萎れてしまふ
わたしの恋人はおまへを持つては行かなかつた!
咲いてくれ、ああ!希望を失つたものに
苦痛に心を破られたものに!
 
 
「咲いてくれ、ああ!希望を失つたものに
 苦痛に心を破られたものに!」
という詩の一節を、だれかに朗読してほしいなあと思います。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie14.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.