無人島に生きる十六人 須川邦彦

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は須川邦彦の「無人島に生きる十六人」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これ、すごい小説らしいんですよ。というのもぼくはまだ、これを読み終えていません。しかし、前評判と言うか、すごい小説だと言う噂を知ってですね、それで調べてファイルを準備してみました。これは、ある有名な作家の方が無人島小説のベスト1として推薦する、冒険小説らしいんです。無人島ものの小説といえば、ジュール・ヴェルヌの十五少年漂流記や、あるいはロビンソン・クルーソーとかいろいろありますが、そのなかでもベスト1らしいんです。なにか、サバイバルもので良い小説が無いかなと思っている方は、ぜひこれを読んでみて下さい。冒険ものを書き続けてきた小説家が1番に推薦しているんだから、確実にアタリの小説ですよ。モチはモチ屋と言いますし。ぼくはまだ読み終えていません。最近ちょっと読書時間が確保できなくて残念です。人生に遭難したあとに、豊かな無人島で暮らしてみたい、という願望があります。三章からなる物語なんですが、1章目は遭難の章。2章目からはいよいよ無人島での生活がはじまります。
 
 
船が難破して大破し、ずぶ濡れで無人島に辿り着きながら、服を干した男たちは、こんなことを言うんですよ。
 
 
「服は、もう半分かわいている」
「ああ、さっぱりした」
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/mujintoniikiru_jurokunin.html
(約200頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください