しるこ 芥川龍之介

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は芥川龍之介の「しるこ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
といっても、これはほんとうにみじかいエッセーです。震災後の東京では、しるこ屋が無くなってしまって都会的なカフェが増え、街の雰囲気が変わった、と記されています。ヘーと思いました。芥川龍之介が、麻雀みたいに「しるこ」がもういちど流行る時代もくるはず、というようなことを書いています。麻雀はいつの時代もずっと人気があって、インターネット時代になってもいろんな麻雀台がありますし、たぶん非合法のバクチ場も世の中にたくさんあるんだと思います。
 
 
ところで「麻雀放浪記」という映画があるんですよ。これがまたすごい傑作で。もう3回くらいは見ていると思うんですが、なにぶん記憶力がそんなに良くないので5年ぶりくらいに見るとすごく楽しめます。悪いところがじつにかっこ良いんですよ。悪人と悪人がバクチで闘うという。ほんと良いですよ。機会があればぜひ見てください。非合法に生きてるんだけど、底なしに魅力的です。原作が良いと、俳優が輝きますね。本人たちはかっこ良いかどうかを追求しているわけじゃ無いのに、外から見ててすごくかっこ良い。深夜にこの「麻雀放浪記」を見ていて一人でしびれていました。学生の頃こういう世界に憧れてたんですが。
 
 


 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/shiruko.html
(約2頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.