無名作家の日記 菊池寛

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は菊池寛の「無名作家の日記」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
 
ぼくは子どものころたくさんの本を読まなかった、という学生時代をすごしてきたのであれなんですが、幼い頃から文学を愛読して習作に関わってきた人には、この菊池寛の「無名作家の日記」にある、新しい小説を書きたい男の独白に、同意するところが多いのではないかと思われます。


正直に書くから愛読されるんだ、自分に正直だからうまくゆく、ということを指摘している作家の方がいるんですけれど、まさにこの小説はそれにあたると思います。主人公と山野との親睦の手紙と、否定の態度がじつに良いんですよ。詳しくは本文を読んでみてください。
 
  
ところで、ご存じの方のほうが多いと思いますが、菊池寛は芥川龍之介と無二の友人で、芥川賞と直木賞を創立した張本人なんですよ。無名作家時代の葛藤を忘れずにいた、という作家のようです。


ゲーテのすばらしい文学の裏側には、無数の無名の詩人たちの声がどこまでもあまたに有るんだ、という菊池寛の指摘にギョッとしました。ゲーテの翻訳をし、そして戦争の気配色濃いある時期に、詩作をすることを完全に辞めてしまった生田春月という人がいるのですが、菊池寛の本を読んで、ぼくも生田春月の詩集を読んでみようと思いました。


 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/mumeisakkano_nikki.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.