ゲーテ詩集(25) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(25)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今日もちょっと、ゲーテ詩集を翻訳した生田春月の詩を一つ紹介してみます。


漂流        生田春月     (生田春月全集1 p78)

我が人生にありしは、
大海にただよふ小舟にありて
一杯の飲み水を求むる者の、
水の中にありて水に渇くが如くなりき。
我は人間のただ中にありて、
一人の人間にこがれたり、
我が渇きを癒すべきただ一人に……


生田春月の憧れる相手は、妻の花世なのか、思い人なのか、あるいは与謝野晶子なのか、あるいはハイネか、ゲーテか、と想像していました。
 
 
ゲーテの詩に記された「残された喜びと/消え去つた苦痛とを/共に手をとつて/たのしく思ひ出す」という詩の一節がすてきだなと思いました。ゲーテは記します。

 
 
ふるい年と
新しい年との間に
ここに幸福を楽しむことを
運命は我々に許す
過ぎ去つた年は
こころやすく
前途を望ましめ
既往を囘顧せしめる
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie25.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です