ゲーテ詩集(34) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(34)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ゲーテの詩を読んでいると生や恋愛について力強い肯定の感覚があらわされているんだなと感じられます。
 
 
今回もちょっと、ゲーテの詩を翻訳した生田春月の詩を紹介します。「生の行進曲」という詩です。これは1928年(昭和3)の7月7日に記された詩です。1928年と言えば、文学者の小林多喜二を殺害したかの悪名たかき特別高等警察が作られた年で、共産党員1568人が一斉検挙された不気味な時代です。生田春月はニーチェの哲学書を愛読しドイツの詩人を日本に紹介することを中心に創作を展開していたので、この問題とは直接の関わりがないんですが、やはり国家の動向を明視しながら詩作をして居たように思えます。
 
 
生の行進曲   生田春月

進め、
何処でもいいんだ、
心の向くがままに、
(うしほ)の流れに乗って
かまはず進め!

なすべき事は山のやうにある。
ちっぽけな非力な奴も
まだ見棄てたものぢゃない。
それも土臺石の一つだ、
石垣の間をふさぐたしにはなる。

なりそこねたとは何のこと、
これからなるんだ。
まだ何にもなっちゃゐない、
白紙だ、赤児だ、一年生だ、
進め、オイチニ!
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie34.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください