ゲーテ詩集(37) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(37)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩は、長編小説を読んでいるような雰囲気があります。ゲーテは詩人と言うよりも小説家なので、このような書き方が上手いんだと思います。詩のような小説とか、小説のような詩というのに魅了されます。
 
 
今度ゲーテの「ファウスト」や「若きウェルテルの悩み」を読んでみたいです。生田春月はこの表題を「若きヱルテルの悲み」と翻訳していて、言葉の選び方が美しいなあと思いました。生田春月は「若きヱルテルの悲み」を翻訳してくれればよかったのに、と思います。そうしたら100年後にも生田訳で愛読されたわけで……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie37.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.