ゲーテ詩集(39) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(39)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩は、春の自然を謳っています。見ることの楽しさというのが記されているんですよ。ゲーテは小説ではもっと難解な書き方をしているんですが、詩では平明な表現が多くて、判りやすいものが多いです。今日もこの詩を翻訳した生田春月の詩を紹介します。
 
 
生田春月・作(生田春月全集4)

生きとし生ける人の胸に
限りも知れぬ寂しさが、
雲のごとくに湧くときは、
離れ離れし人も相寄る。
寂しき心、この心
痛み傷つき、相寄れば、
冬枯の野も花咲かん、
花は心のまことのみ。

 
ゲーテの「四月」という詩が謎めいていて美しいです。ゲーテはじぶんたちの眼が視ることについて詩に描いているんですよ。そして自分自身の瞳のことについてを、こう書くんです。ものさみしく、みえなくなった眼でありながら、とうとう尊いまなざしを見つけたときに……
原文はこうです。


そんなにものうひ盲(めし)ひた眼の下に
たうとう正(まさ)しく尊重出来る
眼附を見つけたその時
 
 
この謎の解明にすっかりふけっているうちに、わたしのまなざしの秘密を解き明かすように、おまえたちをも導いてしまう……
ゲーテはこう記します。
 
 
この暗号文字の研究に
すつかり耽つてゐるうちに
わたしの眼の暗号文字を読むように
おまへたちをもさせてしまふ
 
 
何回か読みこんでいるうちに、おぼろげにゲーテの意図がみえてくるように思えます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie39.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください