はじめにお読みください

「明かりの本」は、装画つきの縦書き表示で、名作をまるごと読める読書室です。著作権の保護期間が終了しパブリックドメインとなった名作を主に公開しています。
 
 
どうしてこういう無料読書サイトを作っているかというと、自分も公共図書館で読書に目覚めたというのがまずあります。本屋でもめったに手には入らない本が、いつでも無料で読める図書館というのはなんというか、すごいですね。共産主義社会でも、資本主義社会でも、図書館というのは聖域のように存在しています。人が知性に触れる機会はどのような時代にも必要不可欠なんだと思います。僕の場合、図書館を使う機会が増えたあと、本屋で本を買うことも以前より増えたのが不思議です。無料で楽しむと、こんどはお金を払って愛読書を買ったり、友人に贈ったりしたくなるんです。
 
 
それから、なにか本を読んだり公開したりすることを通して新しい出会いがある、と思って無償作業をしております。青空文庫をはじめ、あまたの名作や、新人作家の原稿を掲載しています。変化の激しい時代こそ、名作や古典に親しむ機会であると考えます。


 
■使い方の解説
 
それでは、「明かりの本」の使い方を紹介します。
 
明かりの本では、2種類の文庫を用意しています。
《1》 一文字ずつなめらかに表示する縦書きFLASH版と、
《2》 シンプル表示の縦書きテキスト版です。
最新タブレットをご利用の場合は『シンプル表示の縦書きテキスト版』をごらんください。
 
 
縦書きFLASH版を開くには、flashplayerが必要です。たいていのPCにはインストールされていますが、もし縦書き文章が表示されない場合は、こちらから最新版をダウンロードしてください。macromediaflashplayerが使用できるブラウザなら、どんなブラウザでも無料で本が読めます。macromediaflashplayerは無料で利用できます。

  
 
なお、macromediaflashplayerをインストールしない方のために『縦書きテキスト版』も用意しています。これはあらゆる最新ブラウザで、縦書き文庫の読書が出来るページです。各装画の下に「iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら」というリンクがあります。それをためしにクリックしてみてください。読み込み時間は約30秒ほどかかりますが、下にスクロールしてゆけば全文読めますよ。

textver

縦書きテキスト版では、ノートパソコンやipadや最新タブレットなどの最新ブラウザでもキチンと縦書きで表示されます。ぜひタブレットでもお読みください。
 
 
それでは、FLASH版の縦書き文庫について、簡単な使い方の説明をします。


当サイトから好きな本を探し、読みたい本の装画かリンクURLをクリックします。
すると、縦書きブラウザが起動します。
明かりの本 「明かりの本」で本を読み込むには、約30秒〜3分ほどの時間が必要です。光回線の場合は10秒ほどで縦書き画面が表示されます。
 
 
装画の表示中にデータ読み込みが行われています。
読み込みが終了した瞬間に縦書き文章が自動表示されます。
 
 
明かりの本は、基本的に次のページへ進むことしかできません。どうしても前のページに書いていたことを読み返したい場合は、あらかじめ、気になった箇所で右クリックボタンから【しおりをはさむ】を選択して、ページを記録しておいてください。
 
 
しおりを挟む場合は、右クリックボタンを押して、【しおりをはさむ】を選択してください。あとから同じページを開いて、しおりから読むを選択すると続きから読めます。
 
 
 
また、明かりの本の文字サイズは、自由に変更できます
ブラウザの拡大縮小機能をご利用ください。
文字を拡大するには、WindowsのInternet Explorerの場合、プルダウンメニューの《表示》をクリックし《文字のサイズ》を選択して《最大・大・中・小・最小》からフォントの大きさを選んでください。
 

3世代ほど古いPC(windowsXPなど)や、最新の小型ノートパソコンから見る場合は、画面がはみ出してしまって読みにくい場合があるかもしれません。その場合はPCの左上にある「表示」プルダウンメニューをクリックして「縮小」を選び、ちょうど良いサイズで読んでみてください。


MacintoshのSafariをご利用なら、プルダウンメニューの《表示》をクリックし《文字の拡大》《文字の縮小》を選択してください。
 
 

キーボードによる操作は《コマンドキーと+》で拡大、《コマンドキーと-》で縮小できます。その他のブラウザを利用しているかたも、同様の方法で画面サイズや文字をおっきくしたり、ちっさくしたりできます。

ほかにも、フルスクリーン表示にすると、本が全体に表示されます。
 
 
また本の「左上」にマウスを持ってゆくと、全画面表示をするためのプルダウンメニューが表示されるので一番左はしの「画面表示をきりかえる」ボタンから「フルスクリーンにする」ボタンをクリックすると、フルスクリーン表示できます。
 
 


文字の表示速度を速くするには、右クリックメニューでコンテキストメニューを開いて、「即時表示」や「最速」を選択してください。
 
 
以上で操作説明を終わります。
 
 
明かりの本の対象年齢は、中学生から120歳くらいまでを想定しています。これから文学を読んでいきたいという人と、長らく文学から離れていた人のためのウェブサイトです。
 
 
どうぞ、明かりの本で名作をお楽しみ下さい。
 
 
明かりの本の更新を行っている私、俊作(旧ペンネーム長緒始)は、文学の専門家ではありません。脚本や物語創作の勉強をしている単なる素人ライターで、無名デザイナーです。ですので紹介文にときおりちんぷんかんぷんなことを書いてしまうことがありますが、あまり気にせず、名作の本文をお楽しみ下さい。
 
 
明かりの本では、デジタル詩集や掌編小説の無料公開を積極的に行っております。
詳しくはこちらをお読みください
 
 
作品の掲載方法は簡単です。
こちらのお問い合わせページから自作の詩や掌編小説、お手持ちのウェブサイト(またはブログ・ツイッター・facebook)のurlなどのいずれかを送ってください。詳細はメールにて連絡いたします。完全無料でデジタル文庫を制作いたします。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です