早春 芥川龍之介

今日は芥川龍之介の「早春」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。     これは芥川龍之介のごく短い掌編小説です。早春といえば、二月から三月初めの頃を言うんですが、まだ桜も咲かない季節の、男女のすれ違いを、芥川龍之介 … 続きを読む

妙な話 芥川龍之介

今日は芥川龍之介の「妙な話」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。     えーと、カズオイシグロの物語には、認識や記憶が五里霧中の状態となって、世界や主人公の行く末が判らなくなる、という展開が繰り返されているんです … 続きを読む

僕の友だち二三人 芥川龍之介

今日は芥川龍之介の「僕の友だち二三人」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。     ぼくはあの、小説を読むためのサイトをここで作ってるんですけど、随筆がなんだか好きなんです。ああいう名作を書いた人が、率直な文章を書 … 続きを読む

永久に不愉快な二重生活 芥川龍之介

今日は芥川龍之介の「永久に不愉快な二重生活」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。       二という数字で思いつくのは、「二心」ふたごころとかちょっと危うい意味のものだったり、あるいは井伏鱒二とか、小林多喜二とい … 続きを読む

偽者二題 芥川龍之介

今日は芥川龍之介の「偽者二題」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。     ある映画に描かれていた、詐欺の話しを調べていたら、これを見つけました。これはホントにあった話のようなんです。ホントにあった話って不謹慎とい … 続きを読む

文芸的な、余りに文芸的な 「ダンテ」 芥川龍之介

今日は芥川龍之介の『文芸的な、余りに文芸的な』の第21章「ダンテ」の章を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。     ダンテの神曲をちょうど読み終えて、それでダンテの晩年がどういうものだったのか、ちょっとグーグルで調 … 続きを読む