クリスマス 萩原朔太郎

今日は萩原朔太郎の「クリスマス」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
クリスマスにかんする、近代文学のすごいのといえば、ドストエフスキーの「キリストのヨルカに召された少年」だと思うんです。これと共通した内容の詩を、じつは萩原朔太郎が書いています。ドストエフスキーの作品とあわせて読むと、なんだかこの、萩原の素朴な独白のような詩がとても印象にのこりました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kurisumasu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link おすすめ本 ★本を購入する