とうげの茶屋 小川未明

今日は小川未明の「とうげの茶屋」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
お正月に読みたい童話を探していてこれを発見しました。小川未明と言えば、季節感と動物の描写がみごとなんですが、今回はひとりのおじいさんの物語です。ずっと長い時間をかけてやってゆく仕事って、良いなあと思いました。
 
 
とうげの中ほどにある茶屋で、一人はたらいているおじいさんに、息子が手紙を送ってきたシーンがすてきなんです。
 
 
子供向けに、フリガナと読点を多くして記されていて、きっと子どもに読み聞かせする童話なんだと思います。大人の方もちょっと読んでみてください。オチがすてきでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/togeno_chaya.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本