こども風土記 柳田國男(3)

今日は柳田國男の「こども風土記」その3を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「鹿遊び」は、どうもたんに海外から来た英語教師が子どもに教えた遊びというような、輸入されたものでは無くって、日本で生じた可能性が高いと、こんかい柳田國男は指摘しているんです。身近な大人の猟師の仕事で使われている、指文字を真似て遊んでいたところに、「鹿遊び」の起源があるかもしれない。
 
 
柳田は、子どもたちが使っている「意味のわからない」言葉に、興味を持つんです。その謎を解くための推論の進め方が、なんともかっこいい。柳田國男は、子どもの遊びがどういう構造になっているのか、つねにアンテナを張って、注意深く観察している。そうしてなにがどうなっているのか思考していて、そこを今回記しています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki03.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本