こども風土記 柳田國男(9)

今日は柳田國男の「こども風土記」その9を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「オモチャあそび」ってじつはむかしは「モチャあそび」に「お菓子」とか「お芋」とかと同じで「お」をつけて「おもちゃ」になったわけで、「モチヤソビ」という言葉があったそうなんです。えっ! 「モチャ」なんて知らないと思ったんですが、たしかにそういえば「オモチャにする」という文章は「もてあそびものにする」という意味で「モチヤソビ」というのはしらないことはなかった、欠片だけ知っていた言葉だなあと思いました。
 
 
なぜオモチャが発展したか、その謎も記されています。子どもがハサミとか包丁とかに興味を持たないように、代わりにこう、水鉄砲とか人形とかをあらかじめ用意しておいて、危険から遠ざける意図があって、オモチャ業界は現代にまで続いて発展してきている。
 
 
で、柳田國男によれば、オモチャの原形は、農具や仕事道具のミニチュアが多かった。判るなーそれと思いました。今ネットでSNSとかブログとかスマホとか、中心的なものごとのミニチュア化されたものを自分たちは好んでいるわけで、昔も今も人間の嗜好はそんなに変わらないんだろうなとか、思いました。
 
 
売りものとしてのオモチャの起源は、やっぱりどうも、神社のおみやげから日本はスタートしたらしいです。とうじの神社のおみやげというのは、参拝のあとに神社からもらったはこのことだそうです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki09.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本