ハイネ詩集(56)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その56を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネは、恋愛に纏わる現象を、さまざまにしたためます。
 

あゝ、ただつぼみの薔薇だけは
おまへの胸を飾つてゐる
ふたりの仲間の薔薇だけは
おしつぶされてしまつた気の毒に
 
ハイネの詩は、当たり外れの振り幅がはげしいように思うんですけれど、とくに生田春月の翻訳が悪いときがあって、こんな詩は無いなあー、これ詩になってないなーと、詩が書けないのに思うことがあるんです。
 
 
とくに「のような」を連発する直喩の文章がひどい……。詩なんだからたぶん隠喩でやるべきだったと思うんです。でも説明的に直喩で翻訳しちゃったんじゃないでしょうか。原文を読んでないので判らないんですけど、この詩集だけで「〜ような」とか「〜ように」って文字が210回も使われちゃってる。
 
 
あと「しっかり」って文字を使いすぎている。詩集の中に15回も「しっかり」って書いてる。詩というよりも、恋人からいわれた愚痴をそのまま文字にしちゃったみたいな文章になっている。原文はいったいどうなっているんでしょうか。原作者か翻訳者か、どちらかがミスったはずなんです。生田春月はあとから、じぶんの翻訳の、ヘタなところに気がついてしまって、落胆してしまったことが、あったんじゃないかなと思いました。はい。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine56.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本