ハイネ詩集(59)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その59を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネは19世紀でいちばん有名な詩を作った、そういう詩人だと言われているわけですけど、ハイネ詩集を読んでいると、有名な詩人と言うよりも、いちばんモテ自慢をした詩人という感じがしてきます。ここまでモテる話しを詩にした人は、やっぱり19世紀にはほかにどこにも居ないんじゃないかと、思います。
 
 
バリエーションもいろいろあって、軽快なモテ自慢だとか、モテ男の悲壮なお話しだとか、読んでて飽きないです。
 
 
調べてみるとハイネは、法学に詳しく、哲学者ヘーゲルから哲学を学んでいて、すごく知的なはずなんです。けれども詩集の詩はどうにもなんかそういう感じがしない。愛の詩と言うよりも、恋の詩というかんじなんです。そのなかに、なんとも美しい自然界の描写があって、そこが魅力なんです。
 

かはいゝ金の足をもつた星は
空をおづおづ歩いて行く
夜のふところに眠つてゐる
地を醒ましてはならないと
 
星を見つめながら、ハイネはこんな詩を描きます。
 
空には星が飛んでゐる
ちやうどわたしの悩みを避けるやうに
——さやうなら、愛する人よ、わたしは遠い国へ行く
だが何処へ行かうとわたしの胸はおまへの為に燃えてゐる
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine59.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本