ハイネ詩集(69)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その69を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
現実のハイネは豊かな恋愛をしてきたはずなんですが、詩を見てゆくと、片思いの詩や行き詰まった恋の描写が、多いと思います。ハイネのゆきどまりの感覚がなんだが好きなんです。
 

エンマよ、わたしに本当をお言ひ
わたしが恋のために馬鹿になつたか?
それとも恋といふものが
わたしの馬鹿の結果にすぎないか?
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine69.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本